FC2ブログ
2021年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011.09.20 (Tue)

哀愁の住宅たち。

近所には、人の気配のない長屋の
アパートや文化住宅が多い。

長屋。

これだけキレイに連なってると、壮観さを
感じる

あちこち補修はされてるけど、昭和40年代
ぐらいに建てられたんかなぁ。

長屋。

天に伸びた真新しい配管。
つい最近まで、人が住んでたのかも。

今は、新築の長屋のことをタウンハウスとか
言ったり、シェアハウスとか注目されてる
みたい。

しかしこれだけの長屋と土地…
これからどうすんのやろ


西宮、実家近くの市営住宅。
軽く、築50年以上は経つ。

市営住宅。

今は住人もまばら、二棟でも数世帯。

すっかり廃れてみえるけど、当時は
順番待ちの、人気の住宅やった。

市営住宅。

6年前、実家は立て替えで特優賃マンション
なったけど、以前はこのタイプの県公社住宅の
“団地族”やったわけで

家賃は入居当時1.5人用の“木作り”浴槽の
風呂があって、2Kで8,000円
私、25歳まで約二十年間住んでた。

窓枠をアルミサッシに替えたり、外壁を
塗り替えたりして。

大震災では家具は倒れまくったけど、耐震性
にはほとんど問題はなかったらしい。
昔の造りはしっかりしてたんやねw

部屋は年中、カビ臭かったなぁ(笑)
押入れの湿気取り剤は、スグに満タン。
梅雨時期はダニが多くて難儀したわ

そのせいか、季節の変わり目には小児喘息の
発作がよく出たわ
苦しくて横になれないから、母におぶられて
朝まで過ごしたこと、今も鮮明に憶えてる。

市営住宅。

いつ来ても雑草や樹木は伸び放題…
専任の管理会社があると聞いたけど

この敷地に入ると、子供の頃を一気に思い出す。
鬼ごっこ、かくれんぼ、自転車レース…

そうそう、地下室もあった。
各戸に6帖大、コンクリート打ちっ放しのスペースw
高校の時分はDJが好きだったんで、ここにこもって
音楽かけて録音したり。

父がパンクした自転車を直してくれたり。
シェルターのような部屋は用途も様々…。
夏でもそこは涼しかった。

みんな貧乏な生活やったけど、和気あいあいで
活気にあふれてた

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 住まい ジャンル : ライフ

00:08  |  ほっこり(〃▽〃)  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

*Comment

こんちわ!

 私は古い一軒家だったので(もちろんくみとり式)団地にあこがれてました。
 
わっち |  2011.09.20(火) 03:55 |  URL |  【コメント編集】

●わっちさん

実家の周りの平屋の一戸建てはみんな
ボットン便所でした(笑)

今津のボロ文化から、県営住宅が当たった
時、父はめっちゃ飛び上がって喜んだそう
です。いまだに、当選番号の切り抜きを
家宝のように持ってますよ。
KIYASU |  2011.09.20(火) 12:42 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://harfmoonboy.blog39.fc2.com/tb.php/1419-362b0a30

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |