FC2ブログ
2021年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012.10.17 (Wed)

そのときが…。

御礼

今回の父のことでは、コメント、メール、FB等で
ご心配、激励のお言葉を頂戴し、心より感謝いたし
ます。

通夜、葬儀も滞りなく済ますことができました。

この場を借りまして、まずは皆様への御礼とさせて
いただきたく思います。

しばらくは、私の備忘録のような父ネタになりますが、
どうぞよろしくお願い申し上げます。



2012年10月12日…

13時24分。
入院先の病院から電話。

「腸閉塞を起こして、危ない状況」

最初は三年前の年末に発症、その後も年の瀬
ごとに二回発症した腸閉塞。

そして、この半年だけでも四回目。
父の腸が動くたび、食べ物の行く手を拒む
ようになってしまった。


これまでの病院では、治療という名の元
対処していただき、生き永らえさせて
くれていたが、今度の病院はあくまで
療養型。

投薬治療は積極的にしないのが、お約束。


15時すぎ、中抜けさせてもらって病院へ
行くと、呼吸の荒い父がいた。

私が着くまではかなり危険やったらしい
けど、少し小康状態になったみたい。

でも、何かを言ってるけど聞き取れない。
水が欲しいと言うも、それもできなかった。

私はただ、頷いてやるだけ…。


それから仕事を片付けに戻って、19時に
病室。呼吸が精一杯。

脈拍から察すれば、全速力で走ってる
しんどさやったんやと思う。

「…さすがに、今度は…無理かも」

看護師さんの言葉もその通りだったんで、
すぐさまクルマで母を迎えに行く。


21時20分、病院に到着。

私と母が駆けつけたとき、既に意識は
遠のいていて、半開きの眼に何度も何度も
呼びかけるも、話すことは、


…もう出来なかった。


頭はあったかいのに、カラダや手足は
冷たい。呼吸が完全やないから、血が
回ってないんやな。


10秒おきに呼吸していたけど、分刻みで
その間隔が、15秒、20秒…と長くなる。


呼吸するたびに、必死に上下に動いてた
顎が止まった。


それから、ホンのしばらく。看護師さんが、

「…先生、呼んできますね」


…ついに、その刻が来たんかな。


「○○○さん。午後10時10分   …ご臨終です」


よくしてくださった看護師、ヘルパーのみなさん。
ありがとうございました。


母も私もその場、その一瞬は号泣…

こうなると分かってれば、クチに水…
いや酒を含ませてやればよかった!!
堅い柿の種が食べたいって言うてたから
舐めるだけでもさせてやればよかった!!

後悔の念…。


でも、現実はキビシイって思ったわ。

…悲しんでられん試練が待ってようとは…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

02:06  |  家族  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  編集  |  Top↑

*Comment

■お疲れ様でした。

どうもです。

言葉下手で申し訳ありませんが、まずはお疲れ様でした。

我がも将来的に人ごとではありませんが、介護は本当に大変で、でも終わった時の悲しさが大きいという事がとても伝わってきました。

当分大変かと思いますが、改めてもう一度・・お疲れ様でした。
珈琲国王 |  2012.10.17(水) 14:20 |  URL |  【コメント編集】

 お疲れ様でした。

 KIYASUさんの中には後悔の気持ちが
 沸いてくるでしょうが、精一杯できることを
 愛情いっぱいにお父様にして差し上げていたと
 思っています。

 お母様の様子はどうでしょうか?お疲れがでるのは
 まだこれからやとおもいますから、どうぞしっかりと
 支えてあげてくださいね。

 お忙しいとは思いますが、ご自身の体も
 大事にしてください。
 
 お疲れさまでした。
ジェシカ |  2012.10.17(水) 18:39 |  URL |  【コメント編集】

■大変でしたね。

うちは父が脳梗塞、母が大腸がんで逝きました。
父は半年以上植物人間状態でやりきれませんでした。
役所の方からなにか援助してもらえる医療費とかはないんでしょうか?うちはその当時の老人医療が無料で立て替えましたが、戻ってきました。いろんな制度を調べてみた方が良いですよ。
まさる |  2012.10.18(木) 09:26 |  URL |  【コメント編集】

●珈琲国王殿

ありがとうございます。

やらなければいけないことが多すぎて、
ホントのこと言って悲しむ余裕がないです。

でも、ふっとココロの隙間があったときは
熱いモノがこみ上げてきます…。

介護や毎日の見舞いが辛かった分、押し寄せる
思い出も辛いのは事実です。

母のこともありますけど、自分へのご褒美も
忘れずに、これからはやっていこうと思いますw
KIYASU |  2012.10.20(土) 22:45 |  URL |  【コメント編集】

●ジェシカさん

ありがとうございます!

考えれば考えるほど、後悔ばっかりが
思い出てきて、父を苦しめたんじゃ
ないかと…。

今となっては、いいように考えようと
してるんですけど(笑)

母も、ホンマに父が亡くなったことで、
少しは自分だけの楽しい時間を作って
くれればええんですけど、病気持ってる
から、言うてもなかなかね…。

チョクチョク顔出して、外に目を向け
させるようにしますわw

ジェシカさんの美味しい料理に、日々
励まされることにしますわ(笑)
KIYASU |  2012.10.20(土) 22:50 |  URL |  【コメント編集】

●まさるさん

ありがとうございます。

そういう実体験をお持ちの方の言葉…
スゴク説得力がありますね。

10年前の父の時は、胃がん全摘やったのに
医療費はゼロ、部屋代だけって保健制度の
ときもありましたっけ。

それから数年来、両親のことでは高額医療に
なってますけど、確定申告で返って来るのは
微々たるモン。おまけに、母も70を過ぎたら
さらに10万円控除が付いたんで逆に追徴です
もんね。やりきれません。

入院は公立病院が多いんで、生活に支障のない
範囲内でしたけど、年寄りにクスリばっかり
出して、稼がれてるようにしか思えませんでした。

まさるさんの餃子みてパワー付けますわ(笑)
KIYASU |  2012.10.20(土) 23:03 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://harfmoonboy.blog39.fc2.com/tb.php/1906-39202918

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |